腰痛の原因と日頃からできる予防策とは?

腰痛で悩んでいる方は多いと思います。

腰痛はひどい場合は動けなくなるほどの痛みがあります。

腰痛は普段の生活で起こることが多く、一度なるとなかなか治りません。

悪化させないためにも日々のケアが大切です。

もし、我慢できない場合や少しでも違和感がある場合はお医者様に見てもらいましょう。

では、腰痛ですがなぜ起こるのでしょうか?

腰痛の原因は大きく分けて「筋肉」「骨格」「血行」「筋膜」「ストレス」の5つといわれています。

では、それぞれの場合でどの様なケアを行うべきなのでしょうか?

「筋肉」の場合は筋肉疲労による腰痛と筋力低下による腰痛があります。

筋肉疲労は名前の通り、運動や長時間同じ体勢など筋肉に負荷がかかった場合です。イメージとしては筋肉痛ですね。

予防策はストレッチなどを行い筋肉をほぐす事で疲労物質がたまりにくくなり、筋肉疲労やハリが解消できます。

次に運動不足や肥満、体が硬い場合の筋力低下になります。

こちらは単純に運動不足を解消しましょう。ストレッチなどから始めるのがオススメです。

次に「骨格」の場合は骨格の歪みが原因になります。

姿勢が悪い、重いものを片方だけで持つ、歯並びが悪いなどが原因です。

予防策は骨格の歪みは元々は悪い姿勢が原因ですので姿勢を良くしましょう。ディスクワークの時間が長い場合は時々腰を伸ばすなどをすると良いでしょう。

次に「血行」の場合は、運動不足や肥満、きつい下着などが原因で血行が悪くなり、筋肉に疲労物質がたまってこわばったままになり、硬直してコリがひどくなります。

さらに、血液循環が悪いために冷えを伴う場合もあります。

予防策は血行を良くする事です。血行を良くするためにはマッサージやお風呂に入る事で筋肉をほぐすのがオススメです。

次に「筋膜」についてですが「筋膜」とは、筋肉の束を包んでいる膜のことで、腰痛はこの筋膜が硬くなっていることが原因の一つと考えられるそうです。

最後に「ストレス」です。これが原因の方は多いのではないのではしょうか?

腰など体の一部に何らかの異常が起きると、それが神経を通じ脳に伝わり、異常が起きたことを痛みとして認識しています。

しかし、ストレスを感じ続けると神経伝達物質の分泌に異常が生じ、体と脳の間で情報が正確に伝わらなくなってしまいます。

それが原因となり、通常なら痛みを感じない小さな腰の異変を、強い痛みとして感じてしまいます。

対策としてはストレスを溜めない様にするしかありません。

腰痛の原因と予防策をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

腰痛と言っても原因は様々です。

日々のケアを行う事で多少は改善できますが違和感がある場合は自己判断をするのではなく、診断を受ける様にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です