球技スポーツの急激な腰の動きは腰痛の大敵となり易く

大好きなスポーツがあったとして、その動きがあまりにも激しく瞬間的な為に足腰に大きな負荷が掛かり、何の前触れも無く、一瞬のうちに酷いぎっくり腰を起こしてしまうケース、意外と良くあるものですよね。

元々腰痛持ちという訳では無い私ですが、これまでに何度も無理な動きからぎっくり腰をやってしまい、その後数日から1週間は安静にして過ごす羽目になってしまった経験があります。

普段は腰もピンピンしている分、いざぎっくり腰をやってしまった後の腰痛は大変辛く感じられるもの。普通に外出したり、軽く物を持っただけでビリっという強い痛みが腰に走り、その都度ウッと思わず声を上げそうになってしまいます。

強烈に腰を回転させてボールを打つ競技、例えば野球やテニス、ゴルフ等で無理矢理なスイングをしてしまい、それがダイレクトに腰の筋を直撃してしまうパターンが大半。

完全に腰を捻った直後にそこから腰を元に戻せない程の痛みが走り、その直後は歩くのもやっとという状態。

土日であればそのまま何とか帰宅し、ひたすら安静に努め、月曜の出勤にまである程度腰の痛みが鎮まるのを我慢する事も出来るのですが、これが平日だとそうもいきません。

平日の帰宅途中、ストレス解消にと立ち寄ったバッティングセンターでこの手の腰痛を起こしてしまうと、確実に翌日にまで響きます。

酷い場合は翌日を午後出勤に替えてもらい、午前中に近くの整形外科に出掛け痛み止めの処置をしてもらう事もありました。

何度か酷いぎっくり腰をやってからは、それが確実に癖になってしまうのを警戒し、それらのスポーツからも手を引く羽目になってしまいました。

そろそろ反射神経も鈍っていた事だし、これもちょうど良い機会という事ですっぱり止め、より気楽にかつじっくり身体を動かせる趣味を持ってみようという事になったのです。

元々アウトドアに興味のあった私ですから、それらの中から最適なジャンルを見付け出すのも意外と早かったもの。

身近なところなら庭弄りや家庭菜園、少し遠くに出掛けるならのんびりとフィッシングや自然観察も兼ねたウォーキング、カヤッキング等に次第にのめり込み、こちらは現在に至るまで続けています。

腰は急な動きにも対応出来る様、サポーターも装着し万全の態勢で出掛けていますが、幸いな事に、これまで急なぎっくり腰に見舞われた事は一度もありません。

目の前のボールに集中していた頃と比べ、随分と視野が広がり、周囲の景色も存分に楽しめる様になりました。

それがメンタルの余裕を生みストレス解消にもなったのか、何だか腰回りもリラックスし、下半身全体も含め全く違和感を感じないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です